糖尿病の3大合併症

糖尿病の3大合併症

糖尿病の3大合併症

最悪の場合は失明に至る糖尿病網膜症
透析が必要になる糖尿病腎症
足の切断などの糖尿病神経障害は
糖尿病の3大合併症としてよく知られています。

 

実は、これらは血液中のブドウ糖を取り込むのに
インスリンを必要としない細胞・器官なのです。
そのため、血液中の過剰なブドウ糖が
そのまま細胞内に過剰に入ってしまうので
処理ができずに細胞が損傷したり
ブドウ糖による糖化すなわち劣化
老化してしまうのです。

 

皮肉なことにインスリンが無いとブドウ糖を
取り込めない筋肉細胞や脂肪細胞には
合併症が起りません。

その他の合併症

糖尿病になると高血圧、脂質異常にも
なりやすくなるので全身の血管が
ダメージを受けます。

 

糖尿病の3大合併症

 

特に脳卒中(脳梗塞)や心筋梗塞、狭心症、不整脈
皮膚の感染や疾病、骨粗鬆症、突発性難聴
歯槽のうろう、顔面神経麻痺、自律神経障害
下痢、便秘、排尿障害、女性のセックストラブル
認知症、下肢動脈硬化症、四十肩など
ありとあらゆる全身のさまざまな障害リスクが
2〜4倍も高くなります。

 

これらも広義の合併症です。

合併症の予防法

基本は血糖値をなるべく正常値に
近づけることです。

 

それと併せて、次のことにも注意せねばなりません

 

1. LDL(悪玉コレステロール)
2. 血圧
3. 尿タンパク
4. 散瞳した目の検査
5. 神経のモノフィラメント検査
6. 足の変形、神経障害の定期チェック

 

生活態度としては禁煙、減量、運動の他に
糖尿病教育を積極的に受けるようにしましょう。
合併症を直視することから予防が始まります。

 

医療サイドからすれば糖尿病はれっきとした
病気ですから、診断基準と治療の正規の
ガイドラインや勧告があります。

 

ところが患者としては、時として道を踏み外して
泥沼に足を取られることも。

 

だからこそ、ガイドラインの目標値を
ただ与えるのではなく、患者一人ひとりに合った
より現実的な糖尿病マネジメントの計画が
必要になるのです。

 

そのことを担当医はよく分かっていますが
患者の糖尿病マネジメントの力は個人差が
あまりにも大きく、どこに問題があるのかは
短い診察時間ではとても理解できません。

 

糖尿病は患者自身が治療をおこなう病気ですから
その技量を磨きましょう。

メニュー

© Copyright 2015 糖尿病の原因、食事合併症の予防All Rights Reserved.