糖尿病の原因、食事合併症の予防

糖尿病の原因、食事合併症の予防

糖尿病の原因、食事合併症の予防

本来エネルギー源として
たくさん取り入れるはずの筋肉や脂肪細胞が
うまくこれらのブドウ糖を取り入れられなく
なってしまう点が病気の本質です。
体内で正しく利用されないまま
あり余ったブドウ糖は、尿から流れ出るように
なります。

 

糖尿病の原因、食事合併症の予防

 

これが病名の由来ですが、尿糖があるのは
病気の症状のひとつに過ぎません。
糖尿病=尿に糖が出る病気ではないのです。
うまくブドウ糖を取り入れられない病気だから
尿に糖が出てしまうのです。
それではなぜ、ブドウ糖が正しく使われなくなる
のでしょうか?

 

ブドウ糖を血液中に一定に保つために
筋肉や脂肪細胞に必要なだけ取り入れるように
コントロールしているのが、すい臓から分泌される
インスリンというホルモンです。

 

そのインスリンがすい臓から分泌されない
あるいはその量が不足している、逆に必要以上に
分泌されているのに十分に作用しない
いろいろな原因で慢性的に高血糖になるのが
糖尿病です。

糖尿病の主な自覚症状

インスリンの発見で、初めて人類は糖尿病を
治療することが出来るようになりました。
糖尿病のことを万国共通の病名では
Diabetes Mellitus(ディアベテス メリートゥス)
と言います。

 

「甘い尿が絶え間なく流れ出る」という意味です。
大昔はこういう表現しか出来なかったのですが
尿に糖が出るのは上でも説明した通り
病気の本質ではありません。

 

糖尿病の原因、食事合併症の予防

 

これは高血糖の症状の一つなのです。
糖尿病になると、いろいろな原因で
高血糖状態が続いてしまうのです。

 

血糖値が非常に高い状態が続くと、異常な口の渇き
頻尿、多尿、目のかすみ、何となく
いつもだるい感じといった症状が出ます。

 

何もしないのに体重が減少して気づく事もあります
これらの高血糖の症状で病気が見つかるケースが
多いのです。

糖尿病の検査

医師は症状から糖尿病を疑うと、診断を
確かなものにするために血液検査を行います。
糖尿病はタイプの違う1型糖尿病と2型糖尿病
そして妊娠中に起こる妊娠糖尿病とに大別されます
それぞれ原因が違うので治療法も異なります。

 

 

■ 1型糖尿病
インスリンをつくるすい臓のベータ細胞を
からだを守る免疫系が誤って異物と判断して
破壊してしまうことで急激にインスリン分泌が
なくなります。1型は生存のために最初から
インスリンが必要になります。

 

糖尿病の原因、食事合併症の予防

 

 

■ 2型糖尿病
遺伝、加齢、生活習慣などの要因で発症し
少しずつインスリン分泌能力が低下するものです。
日本人の糖尿病の90〜95%はこのタイプと
考えられています。
突然に発症することはなく、多くは高血糖の症状が
目立つようになってから血液や尿検査で
発見されます。

 

 

■ 妊娠糖尿病
妊娠中にあらわれる高血糖です。
母体、胎児ともに高血糖は危険な状態なので
厳格なコントロールと薬の選択が限られるので
特別な注意が求められるものです。
妊娠糖尿病は出産すると症状は治まりますが
その後2型糖尿病になるケースが多く見られます。
甘い食べ物が好きな人は糖尿病になりやすい
とよく言われますね。

 

 

 

でもこれはデマですよ。

 

誰だって甘い物の食べ過ぎは
よいことではありません。
子どもは虫歯になりやすくなるし
栄養素が少ない割に高カロリーですから
太りやすくなります。

 

2型糖尿病は肥満が引き金になることが多いので
甘党でも辛党でもカロリーの摂り過ぎは
糖尿病への近道になります。
ただし、糖尿病を発症した後の甘い物の
取り過ぎはよくありません。

 

ご飯でも塩せんべいでもスイーツでも
甘味に関係なく炭水化物を多く含む食品は
血糖コントロールのために一定量を守ることが
大切です。

糖尿病になりやすい人の条件は?

1型糖尿病や2型糖尿病になる原因は
色々考えられていますが、多くの因子が
複数に絡み合っているようです。

 

同じような肥満でも、糖尿病になる人と
ならない人がいます。

 

はっきり分かっていることは、1型でも2型でも
糖尿病の家族歴のある人はリスクが高い
ということです。

 

しかし、1型糖尿病者の多くは家族歴はありません
潜在的に持っている遺伝子が何かの原因で
オンになるようです。

 

民族的にも1型糖尿病は白人に多く
しかもある地域に片寄っているようにも見えます。
北欧のフィンランドやスウェーデン

 

糖尿病の原因、食事合併症の予防

 

サルデーニア島(イタリア)では、なぜか発症率が
年10万人あたり40〜50人と高率ですが、
日本では1〜2人と低いのです。

 

その代わり、日本人は2型糖尿病に
なりやすい民族です。
これらの遺伝的背景に加えて、運動不足や
美食が肥満や2型糖尿病に結びつくのでしょう。
糖尿病の大流行は事実ですが
もちろん糖尿病は他人に伝染する病気では
ありません。

 

しかし年齢は大きな意味を持っています。
1型糖尿病は年齢に関係なく発症しますが
半数以上は20歳以下の発症です。
肥満や生活習慣は1型糖尿病の危険因子では
ありません。

 

2型糖尿病の多くは50歳以上に見られ
肥満気味あるいはかつて太っていたことがある人
に見られます。

 

ストレスやアルコール、甘い物などで直接に
糖尿病が起こることは考えられていません。
そういった因子で、糖尿病の発症が
早まってしまうことは考えられます。

型糖尿病の原因

1型糖尿病は、本来自分の体を外敵から守る
免疫系が、インスリンを分泌するすい臓の
ベータ細胞を異物と判断して
誤って破壊することから発症します。

 

その原因は正確には分かっていませんが、
自己抗体、ウイルス、食品(牛乳や離乳食を
始めるタイミング)、酸素のフリーラジカル説
などがあります。

 

食品が原因というのは、たとえば乳児の段階では
小腸のバリアが未完成なので
人工ミルクの牛乳のタンパク質が
そのまま体に入ってしまい、その結果
自己抗体がベータ細胞の表面にある類似の
タンパク質を非自己と認識するのではないか
という仮説です。

 

ウイルス説も有力で、1960年代に
サルデーニア島、1970年代にフィンランドで
起った1型糖尿病の著しい増加の説明に
都合がいい仮説です。

 

ごく最近にも、ありふれたウイルスである
ヒト・パレコウイルスが1型の引き金に
なるようだという論文がノルウェーの研究所から
発表されました。
このヒト・パレコウイルスの仲間のウイルスが
ネズミだけに感染して、そのネズミに1型糖尿病を
起すことが知られているからです。

型糖尿病の原因

インスリンが十分に分泌できない
あるいはインスリンはあるけど十分に
作用しないという状態ですから
1型糖尿病とは別の原因です。

 

研究者は遺伝、年齢、肥満
生活習慣を挙げています。
2型に関係する遺伝子は
16以上報告されていますが
いずれも発症のリスクを2〜3倍高める程度の
弱いものです。

 

糖尿病の原因、食事合併症の予防

 

これらの遺伝子が役割を演じ、年齢や
生活様式(運動不足や肥満)が
2型糖尿病の引き金になっているようです。
2型は遺伝との関連がとても強い病気です。
加齢がリスクを高めます。

妊娠糖尿病の原因

妊娠によるホルモン変化や、遺伝、肥満が
有力な原因です。
発育する胎児に栄養を供給する胎盤は
いろいろなホルモンを多量に分泌します。

 

これらのホルモンは胎児には必要ですが
母体のインスリン抵抗性を高めるものがあります。
遺伝としては研究者は2型糖尿病と
同じではないかと考えています。

 

母体のインスリン分泌能が十分でないと
血糖が高くなってしまいます。
糖尿病予備群程度の血糖でも
治療の対象になります。
肥満のある妊婦に多くみられます。

糖尿病治療の基本は食事療法

最も効果のある治療法です、軽視してはいけません
しかし、今まで自由に食事を楽しんできた分
改めて正しい食事の仕方を教わると
その落差に誰でも驚きます。

 

特に尿糖(エネルギー)が出ていた人は
知らず知らずに大食の習慣がついているので
最初はとてもお腹が空きますが、治療によって
血糖が下がれば異常な食欲も収まります。
まず、何のために食事療法を行うのかを
理解しましょう。

 

1.インスリン量に見合う量の炭水化物を摂る
なるべく正常に近い血糖値を保つためには
からだが分泌できるインスリン
あるいはインスリン注射とバランスのとれた量の
食物(特に炭水化物)を取ることが必要。

 

2.合併症予防のためのヘルシー食
合併症予防のために、高血圧や血中脂質異常に
ならないようなヘルシー食を心掛ける。

 

3.適正エネルギーを得るためのカロリー計算
成人の場合、その人にとってのヘルシー体重を
実現・維持するための適正なカロリー計算
子どもや青少年では正常なからだの成長を
目指すために。

 

妊娠中や授乳期では増大するエネルギーや
栄養素の過不足がないように。

 

4.低血糖を防ぐ血糖値の調整
インスリン療法で起こりがちな低血糖や、運動が
血糖に与える影響への対策。
5.健康な体を保つ栄養バランス
健康な体を保つために、ベストな栄養素が
摂取できるように調整。

 

日本では食品交換表を使った食事指導が主ですが
少しずつ個人に合った食事計画がされるように
なってきました。
食品交換表とは食品を栄養素に準じて6群に分けて
同じグループ内のものは自由に交換できるように
配したものです。

 

それぞれの80kcalあたりの1ユニットを
決めてあって、朝昼晩3回の食事に
バランスよく配分すると必要なエネルギーと
栄養素が摂れるようになっています。
食品交換表のいいところは
栄養学の心得がない人でも指示を守れば
適切なカロリーと栄養素を
バランスよく摂れることです。

 

その代わり、覚えるべきアイテムが
食品の数だけありますから使い勝手が悪く
自由に何でも食べられるという交換表の
趣旨に反してとかくワンパターンの
食事になりがちです。

 

食品交換表のお仕着せの食事が嫌いな人や
外食の多い人は、血糖の源となる
炭水化物食品のみに焦点を当てて
食べ過ぎないようにするカーブカウンティングが
便利です。砂糖類と共に穀類、野菜、果物
牛乳の食品群のみが炭水化物食品なので
これらを優先的にマークすれば
血糖上昇を抑えられるからです。

 

欠点としてはカロリー(エネルギー)が
二義的になりますから、肥満のある人は
油脂にも気配りする必要があります。

 

糖尿病になっても食べてはいけない食物など
ありません。何でも食べられるのですが
治療食ですから節度は必要です。
一般に言われるような低カロリー食が
糖尿病食ではありません。

 

まず第一に心掛けるのは「ヘルシー食」なのです
インスリンとペニシリンという20世紀の
2大発見によって、糖尿病者の寿命は
飛躍的に延びました。

 

それに伴って糖尿病者は人生の後半を
合併症と直面することになったのです。
幸いなことに今日では糖尿病合併症を予防したり
発症・進行を最小限に抑えることが
可能になってきましたが、合併症はいずれも
専門性の高い病気です。

 

その分野に精通した専門医に診断・治療を
受ける必要があります。
合併症は発症した時点で既に手遅れなのです。
そのため、一般医やかかりつけ医に
全てを任せっきりにするのではなく
患者自身が問題の自覚と異常の早期発見
適切なケアを心掛ける必要があります。

リンク

仙寿の水は霧島山系の天然水を使用。サルフェートという新陳代謝を促したり体内の不要物を排出する働きがあるミネラルを含んだ日本では珍しい希少な天然水です。日本人の味覚にあった軟水で、癖がなくて飲みやすいと評判です。

メニュー

© Copyright 2016 糖尿病の原因、食事合併症の予防All Rights Reserved.